エンタメ

Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版の評価レビュー!どのくらい遊べるのか体験してみた

任天堂から販売されたNintendo Labo VR Kit(ニンテンドーラボVRキット)。

手軽にVR体験ができるだけでなく、ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドやスーパーマリオオデッセイのVRにも対応するということで話題になっていますよね。

ところで、あなたはNintendo Labo VR Kitには「通常版」と「ちょびっと版」の2種類あることを知っていますか?

通常版よりも低価格で購入することができる「ちょびっと版」ですが、どのくらい遊ぶことができるのか、よくわからない方も多いと思います。

そこで今回は、Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版を購入して、何ができるのかを徹底レビューしたいと思います。

「通常版」と「ちょびっと版」は何が違う?

まず、「通常版」と「ちょびっと版」の違いを簡単に説明します。

通常版はVR Kitのコンテンツがすべて揃っていて、全部で6種類のToy-Conで遊ぶことができます。

ラインナップは以下のとおりです。

  • VRゴーグル
  • バズーカ Toy-Con
  • カメラToy-Con
  • ゾウ Toy-Con
  • トリ Toy-Con
  • 風 Toy-Con

VRゴーグルとそれぞれのToy-Conを組み合わせて、用意されたステージで遊ぶという感じです。

一方、ちょびっと版で遊べるのは、2種類のToy-Conだけです。

  • VRゴーグル
  • バズーカ Toy-Con

価格は通常版より低価格ですが、Toy-Conの種類は少ないです。
もし、他のToy-Conが欲しくなったら、別途購入することができます。

また、

「ちょびっと版はゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドやスーパーマリオオデッセイのVRに対応してるの・・・?」

と心配している人がいるかもしれませんが、必要になるのはVRゴーグルです。
ちょびっと版にもVRゴーグルは含まれているので、問題ありません。

なお、ダンボールを組み立てるのは、「通常版」も「ちょびっと版」も変わりません。

VR Kit ちょびっと版の開封&組み立て

VR Kit ちょびっと版の外箱商品が届いたので、早速開封していきたいと思います。

ちょびっと版の開封

箱を開けてみると、組み立て用ダンボール・部品・ゲームソフトが同封されていました。

組み立て用ダンボール・部品・ゲームソフト

作るのはVRゴーグルとバズーカ Toy-Conだけですが、ダンボールが10枚以上入っていました。
「ちょびっと版だから材料も少ないのかな・・・」と思っていましたが、組み立てが大変そうです。

ゲームソフトをNintendo Switchに入れると、「動く組み立て説明書」を見ることができるので、こちらを参考にしながら組み立てます。

ダンボールを折り曲げたり、組み立てながら、複数のパーツを作成。
いくつかのパーツを組み上げていくわけですが、設計がよく考えられるなあと感心します。

組み立てたパーツ

細かい部分まで作り込まれており、少しずつ完成型に近づいていく過程が楽しかったです。

複雑な作業もありましたが、Switchの動く組み立て説明書がわかりやすくて、戸惑うことはありませんでした。

それぞれの製作時間は以下のとおり。

  • VRゴーグル・・・40分
  • バズーカToy-Con・・・2時間30分

バズーカToy-Conは材料も多く複雑だったので、思った以上に時間がかかりましたが、一から作り上げるワクワク感がありました。

そして完成したのがこちら

VRゴーグルとバズーカToy-Con

ダンボールなので安っぽいのかと思っていましたが、細部まで作り込み感があってテンション上がります。

VRゴーグルとバズーカToy-Conが完成したので、実際に遊んでみたいと思います。

VRゴーグルだけでもミニゲームが楽しめる

VRゴーグル

「バズーカーToy-Conがないと遊べないのかな・・・」と思っていたのですが、VRゴーグルだけでも遊べるミニゲームが用意されています。

簡単に確認しただけでも、車の運転・UFOの操作・フリスビーなど簡単なステージが20種類以上はありました。

実際にVRゴーグルを付けてゲームをした感想ですが、思わず周りを見渡してしまうくらいの臨場感。
解像度が低いという口コミもあったんですが、VRが初めての私にとって十分に楽しめるVR空間です。

ミニゲームは作り込まれたものではありませんが、VRでどういう遊びができるのか、魅力を知るには十分でした。

本命のVRゲームはバズーカーToy-Conだ!

ちょびっと版のメインコンテンツは、バズーカーToy-Conを使ったシューティングゲームです。

バズーカーToy-Conを使ったシューティングゲーム

乗り物で移動しながら、街中にあふれるエイリアンを狙って倒していきます。

グリップを引いて玉をこめ、敵に狙いを定めて発射するんですが、上下左右にエイリアンがいるので、あちこち狙いを定めるのに忙しい。
ちょっとしたギミックも用意されていて、遊べば遊ぶほど新たな発見があります。

また、遠くの敵を撃てるロックオン機能や、時間を止めて撃ちまくる機能などもあり、遊べる要素も多いです。

ステージの最後には、迫力のあるボスも控えています。

ただ残念なのは、全部で6ステージしかないことです。
ゲームが面白かっただけに、ステージ数を倍くらい用意して欲しかったというのが本音です。

とはいえ、子供も夢中でバズーカを撃って遊んでいたので、親子で楽しく遊べそうです。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのVRは微妙!

個人的に一番楽しみにしていたのが、ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドのVR対応です。
無料アップデートによってVRでプレイできるようになったので、早速試してみることにしました。

設定画面で「VRゴーグルを使用する」を選択すると、VR画面に切り替わります。

この状態でVRゴーグルとSwitchを合体させると、VRでプレイできます。

実際に遊んでみた感想ですが、解像度が低くて遠くの景色がぼやけてしまうため、VR空間と認識しづらかったです。

ドットが目立って映像がクリアではないため、ハイラルの風景を楽しむことができません。
物体に近づかないと、3Dとわからないような感じです。

敵との戦いも迫力のある映像になるかと思ったんですが、普通にプレイするときとあまり変わらない印象です。

また、10分くらいプレイをしていると、「VR酔い」してしまいました。
VR酔いとは乗り物酔いに似たような感覚で、目が回ったり気持ち悪くなってしまうことを言います。

バズーカToy-Conを使ったゲームではVR酔いにならなかったのですが、ゼルダの伝説では必ずと言っていいほどVR酔いになります。

さらに、VRゴーグルを持ち続けてプレイしなければならないため、腕も痛くなります。
VR酔いに加えて腕も疲れるため、長時間のプレイは厳しそうです。

残念ですけど、ちょっと期待しすぎたようですね。

ボリューム十分!「ちょびっと版」でもかなり楽しめる!

Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版
「Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版」を体験してみましたが、思った以上に遊べる要素が多かったと感じました。

  • VRゴーグル・Toy-Conの製作
  • VRゴーグルを使った各種ミニゲーム
  • バズーカーToy-Conを利用したシューティングゲーム
  • VRに対応したゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド

ちょびっと版という割には、コンテンツが豊富と言えるのではないでしょうか。

通常版に比べるとToy-Conの数は少ないのですが、VRキットでどんなふうに遊べるのかを十分に体験できる内容です。
価格を考えれば、十分なコストパフォーマンスだと思います。

残念だったのは、VRに対応したゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドがイマイチだったことです。
VR酔いや腕が疲れる問題もあって、あまりプレーすることができませんでした。

もし、ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルドのVRを目的に購入しようと考えているなら、あまり期待しすぎない方がいいと思います。

とはいえ、メインコンテンツとなるバズーカーToy-Conの製作とシューティングゲームは、大人も子供も夢中になれるくらい楽しいものでした。

別のToy-Conで遊んでみたい場合は、

  • カメラ&ゾウ Toy-Con
  • トリ&風 Toy-Con

を追加で購入することもできます。

もし、Nintendo Labo VR Kitの購入を迷っているなら、まずは「ちょびっと版」から試してみてはどうでしょうか。

あとがき

今回は、Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版のレビューをご紹介しました。

一度はVRを体験してみたいと思っていたので、ちょびっと版をプレイできて楽しかったです。

子供と一緒にVRを体験してみたい方に、Nintendo Labo VR Kit ちょびっと版は最適な選択肢だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です