パソコン周辺機器

IPv4からIPv6に切り替えてみた!通信速度はどのくらい速くなる?

ネットの通信環境を改善するため、IPv4からIPv6に切り替えたいと考えていませんか?

インターネットへの接続方式がIPv4(PPPoE接続)の場合、回線が混み合う時間帯になると、通信速度が遅くなってしまうことがあります。
特に夜間はネット回線を利用する人が多くなるため、通信速度が不安定になりがちです。

私の場合、動画再生に支障をきたすほど速度が落ちることが多いので、ストレスがたまっていたんですよね。

そこで今回は、通信速度をアップさせるために、接続方式をIPv4からIPv6に切り替えることにしました。

  • IPv4からIPv6への切り替え手順
  • IPv6で通信速度はどのくらい早くなるのか

上記について詳しく解説するので、興味がある方はチェックしてみてください。

IPv6への切り替え手順&設定

現在の状況(IPv4)

現在のネット環境は、以下のとおりです。

  • 光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)
  • プロバイダー・・・BIGLOBE
  • 接続方式・・・IPv4(PPPoE接続)
  • LANルーター・・・WSR-1166DHP2(BUFFALO)

朝から夕方くらいまでは10~20Mbpsほどの速度が出ますが、夜になると有線LAN・無線WiFiともに10Mbps以下になってしまいます。

特に20~24時くらいになると回線の混雑状況がひどくて、約2~5Mbpsくらいになってしまうことも。

BIGLOBEの回線測定で、有線LAN(パソコン)の通信速度を計測した結果がこちら。

IPv4有線LANの通信速度

無線WiFi(スマホ)で計測した結果がこちら

IPv4無線WiFiの通信速度

両方とも遅いですよね。

YouTubeや動画配信サービスを利用しているときも、動きがカクカクしたり、動画が止まってしまう場合もあるくらいです。
画像の表示にも時間がかかることがあったので、常にストレスを感じる状況でした。

「これはネット環境を改善するしかないな・・・」と思い、IPv6への切り替えを決めました。

IPv6に切り替える条件

IPv6に切り替えるためには光回線に契約をしていて、プロバイダーとLANルーターがIPv6(IPoE方式)に対応していることが必要です。

私の場合、光回線はフレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)です。

プロバイダーはBIGLOBEと契約しており、IPv6接続サービス(IPv6オプション)を利用できます。

IPv6接続サービスの名前はそれぞれ違いますが、主要なプロバイダーにはIPv6の接続サービスが用意されていると思います。

  • Yahoo!BB・・・IPv6高速ハイブリッド
  • So-net・・・v6プラス
  • BBエキサイト・・・transix
  • NTTぷらら・・・ぷららv6エクスプレス
  • BIGLOBE・・・ IPv6オプション

IPv6の利用条件はプロバイダーごとに異なるので、ご自身が契約しているプロバイダーで確認してみてください。

そしてLANルーターですが、かなり古いです。

無線LANルーターWSR-1166DHP2(BUFFALO)を使っていて、IPv6(IPoE方式)に未対応です。

BIGLOBEで無線LANルーターの貸し出しもしていますが、コストパフォーマンスを考えて、新しく購入することにしました。

LANルーターを選ぶときの注意点

無線LANルーターを選ぶときには、IPv6(IPoE方式)に対応している機種を選ぶ必要があります。

私は、これまで使っていたバッファローの後継機で、IPv6に対応している「WSR-1166DHPL」を選ぶことにしました。

WSR-1166DHPL

選んだ理由は、ネット環境の条件に合っていて、コストパフォーマンスが高かったからです。

公式サイトで確認したところ、 BIGLOBEのIPv6オプションとの動作も確認済みだったので、安心して購入することができました。

WSR-1166DHPLは価格も手頃で、主要プロバイダーのIPv6サービスにも対応しています。

もし、IPv6に対応する無線LANルーターを探しているのであれば、検討してみる価値がある機種だと思います。

ルーター変更後に速度を再計測

WSR-1166DHPLと取り替えた後、通信速度を改めて計測してみました 。

というのも、これまで使っていた無線LANルーターに不具合が生じたため、通信速度が遅くなってる可能性もあったからです。

回線が混み合う夜(20~24時)に何度か計測してみましたが、通信速度に大きな変化はありませんでした。
有線・無線ともに、5Mbps前後という感じ。

やはりIPv4のままだと、回線の混雑状況に大きく影響されてしまうようです。

ここまでのネット環境はこちら

  • 光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)
  • プロバイダー・・・BIGLOBE
  • 接続方式・・・IPv4(PPPoE接続)
  • LANルーター・・・WSR-1166DHPL(IPv6に対応)←変更

IPv6に申し込む

準備が整ったので、BIGLOBEのIPv6オプションに申し込みをします。

プロバイダーによって申し込み方法は違うと思いますが、フレッツ光回線を利用している場合、お客様番号とアクセスキーが必要になると思います。

IPv6オプションの申し込み画面

必要事項を記入して申込み完了です。あとは反映されるのを待つだけです。

IPv6(IPoE方式)で通信速度はどのくらい速くなる?

IPv6への切り替え完了

申し込みをした翌日、 プロバイダーによる設定が終わっており、IPv6に切り替えが完了していました。

ここでちょっとしたトラブル発生。

GoogleやYouTubeなど、IPv6に対応したサイトにはつながりますが、ほとんどのサイトが通信不良で見れなくなってしまいました。

プロバイダーに連絡して色々調べた結果、ルーターの設定をもう一度行う必要があったようです。

BUFFALOのAirStationにつないで、インターネット接続設定を改めて行ったところ、すべてのサイトを見ることができるようになりました。

いや~焦りました。ほっとひと安心です。

ひかり電話対応ルーターの「PPP」ランプが消えていると、IPv6が通るようになったということです。

ひかり電話対応ルーターの「PPP」ランプ

なんとかトラブルを解決して、IPv6への切り替え完了です。

通信速度を計測してみた

ここまでのネット環境はこちら

  • 光回線・・・フレッツ光ネクスト(マンションタイプ・VDSL方式)
  • プロバイダー・・・BIGLOBE
  • 接続方式・・・IPv6(IPoE接続)←変更
  • LANルーター・・・WSR-1166DHPL(IPv6に対応)←変更

IPv6ですべてのサイトが見られるようになったので、20時~24時の間に通信速度を測定してみました。

まずは有線LAN(パソコン)で何度か計測した結果、通信速度の平均は約40Mbps前後になりました。

IPv6有線LANの通信速度

IPv4のときは約2~5Mbps前後だったので、通信速度が約8倍の速さになりました。

次に無線WiFi(スマホ)ですが、通信速度の平均は約20Mbps前後

IPv6無線wifi

有線LANに比べると速度は出ていませんが、IPv4の時に比べると通信速度は約4倍になります。

参考に、利用者が多いSpeedtest(Ookla)で計測した数値もご紹介しておきます。

BIGLOBEの計測結果よりも、かなり早いですね。
VDSL方式は最大100Mbpsなので、十分な結果だと思います。

IPv4からIPv6に切り替えた感想

IPv6の設定で少し戸惑いましたが、有線・無線ともに通信速度が上がったのは良かったです。

マンションタイプの VDSL方式(100Mbps)だとあまり速くならないのかなと思いましたが、想定よりも速度が出て満足しています。

特に、通信量が増加して回線が混雑する夜間に、速度が安定していることはありがたいですね。

IPv4のときは、動画が止まってしまったり、動きがカクカクしたりすることが多くありました。

しかし、Ipv6に変えてからは動画のストリーミングで待たされることもなく、スムーズに視聴できるようになりました。
ゲームのダウンロードが速くなったことも良かったです。

また、通信速度に安定感があるのも、IPv6のメリットだと思います。

IPv4は通信速度を測定するたびに数値が乱高下しましたが、Ipv6は時間帯を問わず数値が安定しています。
有線LANで測定するときは約40Mbps前後で、 無線WiFiで測定するときは約20Mbps前後です。

「ネットがつながりにくいなあ~」と感じることもなくなり、さらに使いやすくなったと思います。

切り替えによるデメリットについて

元々Ipv6に対応したLANルーターを使っていれば問題ありませんが、古いLANルーターだと買い替える必要があります。

また、LANルーターを交換したり、Ipv6に切り替えた後の設定もめんどくさいです。

上手く接続できないときには、いろいろ調べたり、プロバイダーに確認するといった作業も必要です。

まとめ

IPv4とIpv6の通信速度を比較した表がこちらです。(BIGLOBEによる回線測定)

IPv4IPv6倍率
有線LAN約2~5Mbps約40Mbps約8倍
無線WiFi約2~5Mbps約20Mbps約4倍

結論としては、Ipv6に切り替えて正解だったと思います。

インターネットを使いたい時間帯に、通信速度を気にせず利用できるのは大きなメリットです。

回線が混雑しやすい時間帯に、ネットが繋がりにくいという悩みを持っているなら、切り替える価値はあると思います。

多くのプロバイダーが無料でIpv6サービスに申し込めるので、試してみてはどうでしょうか。
夜でも快適にネットサーフィン・動画視聴ができますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です