ライフハック

コールマン ウォーカーポーチをレビュー!使いやすくて収納力のあるウエストバッグ

この記事では、コールマンのウォーカーポーチを詳しくレビューしています。

こんな方におすすめの記事
  • コールマンのウォーカーポーチを購入しようかどうか考えている
  • コスパが高くて使いやすいウエストバッグを探している

コールマンはキャンプ用品に定評があるメーカーですが、ウエストバッグも販売してるんですよね。
機能性・コスパの良さが口コミでも高く評価されていたので、実際に製品を購入してみました。

今回は、コールマンのウォーカーポーチを使ってみたメリット・デメリットをご紹介します。

コールマン ウォーカーポーチの外観・デザイン

デザイン&タイプ

コールマンのウォーカーポーチ

コールマンのウォーカーポーチはスクウェア型の標準的なフォルムで、2WAYで使えるウエストバッグです。

デザインで目立つのはコールマンのロゴくらいで、見た目はシンプルです。
ファスナーの紐が目立ちますが、取り外し可能です。

ウエストベルトのバンドループ

ウエストベルトにはバンドループが取り付けられていて、余ったベルドがだらんと垂れ下がるのを防ぐことができます。

D環止めにショルダーベルトを取り付ける

付属のショルダーベルトをD環止めに取り付けると、ショルダーバッグとして使うことができます。

ウエストベルトを収納する様子

背面にはウエストベルトを収納するスペースがあり、ベルトが邪魔にならない設計です。

2WAYバッグとして細かい部分まで配慮されているので、特にストレスなく使うことができると思います。

サイズと素材について

ウォーカーポーチのサイズと重さ

ウォーカーポーチのサイズと重さは、以下のとおりです。

  • 横:24cm
  • 高さ:15cm
  • 幅:7cm
  • 重さ:270g

メインポケットの内寸は約21cmほどで、500mlペットボトルや長財布は余裕を持って入れられます。
本体の重さは270gと軽量で、小物を入れてもストレスを感じない重さです。

ウォーカーポーチの素材

表地の素材は、ナイロンとポリエステルです。

撥水加工が施された布地が使われていますが、防水性能はありません。
少し濡れるくらいは特に問題ないと思いますが、強い雨の日は濡れないよう気をつける必要があります。

留め具のサイドリリースバックル

留め具のサイドリリースバックルは強度があって頑丈な作りなので、簡単に壊れることはなさそうです。

コールマン ウォーカーポーチの収納・機能について

コールマンのウォーカーポーチには4つのポケットがあります。
ここからは、それぞれのポケットについて紹介します。

フロントポケット

最前面にあるフロントポケット

最前面にあるフロントポケットは、メモ帳やポケットティッシュが入るくらいのスペースです。
あまり幅がないので、小物を入れるにはちょっと狭すぎる印象です。

手前のフロントポケット

次に手前のフロントポケットですが、ファスナーが大きく開く仕様になっていて物が取り出しやすいのが特徴です。

一番使い勝手の良いポケットなので、スマホ・財布・カード類など、よく使うアイテムを入れるのに最適だと思います。

メインポケット

メインポケット

メインポケットはマチ幅が5cmぐらいですが、思ったよりも収納力がありました。

  • 500mlペットボトル
  • 長財布
  • タオル
  • コンデジカメラ

など、少し大きめの荷物でも十分入るスペースがあります。

メインポケットの内側

また、ポケット内には2つのオープンポケット・メッシュポケット・キーフックがあるので、小物を分けて収納できることもメリットです。

ジッパーフラップとファスナー

気になったのは、ファスナーが少し開けにくいことです。

水が入ってくるのを防ぐジッパーフラップがあるんですが、その布地が邪魔をしてファスナーが開けづらいときがあるんですよね。

ジッパーフラップを広げないとファスナーが開かないときもあり、少し面倒くさいなと感じました。

背面ポケット

背面ポケット

背面ポケットには、紙類やチラシ類が入るスペースがあります。

どちらかと言うと取り出しにくい場所なので、あまり使わないものを入れておくのがいいと思います。

コールマン ウォーカーポーチの総合評価

コールマンのウォーカーポーチ

コールマンのウォーカーポーチを使って感じたメリット・デメリットをまとめました。

  • 取り外し可能なショルダーベルト付きで、ショルダーポーチとしても使える
  • 本体が軽量で、持ち運びしやすいデザインになってる
  • 余ったベルトが気にならないバンドループ(輪っか)付き
  • 留め具のサイドリリースバックルが頑丈な作りで、長持ちしそう
  • 4つのポケットが用意されているので、アイテムに応じて収納できる
  • メインポケットには、ペットボトル・長財布・タオルなどが収納できるスペースがある
  • 3,000円以下で購入できるコストパフォーマンスの高さ
雨を防ぐジッパーフラップがあるため、メインポケットのファスナーが少し開けづらい

結論から言うと、コールマンのウォーカーポーチは使いやすさが追求された製品で、散歩・旅行・普段使いでもストレスなく使える機能性が魅力です。

特に良かったのは、4つのポケットが用意されていて、アイテムに応じて小物を収納できることです。

軽量でコンパクトな大きさなんですが、500mlペットボトルやコンデジカメラなどを入れられる十分なスペースがあることもメリットです。

細かいところまで気を使った設計になっているので、ストレスなく使うことができています。

コスパが高くて安心して使える2WAYタイプのウエストポーチを探しているなら、コールマンのウォーカーポーチをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です