生活家電

マキタのコードレス掃除機CL107FDレビュー!十分な吸引力を備える軽量クリーナー

今回レビューするのは、マキタから販売されているコードレス掃除機CL107FDです。

長年使っていた充電式クリーナ4076D(マキタ)が故障してしまったため、マキタのなかでも人気が高いCL107FDに買い換えることにしました。

CL107FDを購入することに決めた理由は、価格と性能のバランスが最も良いと感じたからです。
紙パック式でゴミ捨てが簡単なだけでなく、吸引力も十分な強さを備えています。

今回は、CL107FDを実際に使って感じたメリット・デメリットを詳しくご紹介するので、興味を持っている方はぜひチェックしてみてください。

コードレス掃除機CL107FDの付属品&外観

CL107FDの基本情報【まとめ】

商品名CL107FD
サイズ長さ960×幅112×高さ150mm
質量1.1kg
使用バッテリ10.8Vスライド式
スイッチワンタッチボタン
集じん方式紙パック
集じん容量ダストバッグ(500mL)、紙パック(330mL)
充電時間22分
満充電使用時間
  • パワフル:10分
  • 強:12分
  • 標準:25分
吸込仕事率
  • パワフル:32W
  • 強:20W
  • 標準:5W
その他機能バッテリ切れお知らせ機能付LEDライト

付属品

CL107FDの付属品

CL107FDの付属品は以下のとおりです。

  • クリーナ本体
  • ストレートパイプ
  • ノズル
  • サッシ用ノズル
  • 充電器
  • バッテリBL1015(1.5Ah)
  • 紙パック(10枚)
  • ダストバッグ
  • 取扱説明書

ノズルは床面を掃除する通常タイプと、狭い場所や隙間を掃除するサッシタイプが付属しています。

ゴミ捨て用の紙パックが10枚入っているのは嬉しいですね。

バッテリーの充電方法や紙パックの取り付け方は、取扱説明書に詳しく書かれています。

外観

クリーナー本体

クリーナー本体はワンタッチスイッチ式になっていて、ボタン1つで「強モード」「パワフルモード」「標準モード」を切り替えできます。

フロントカバーを開けた状態

クリーナ本体のフロントカバーを開けると、ダストバッグが入っていました。

取り付けるのはダストバッグ、または紙パックを使いますが、ダストバッグはゴミを捨てるときに洗う必要があります。

手を汚さずに簡単にゴミ捨てをしたいなら、ダストバッグよりも紙パックを使う方が良さそうです。

充電器とバッテリー

充電器の挿入ガイドにバッテリーを奥まで入れると、自動で充電が始まります。
「ブーン」という音がちょっと気になりますね。

充電中は赤いライトが点滅して、充電が終わると緑のライトに切り替わります。

クリーナー本体にバッテリーを取り付ける

充電したバッテリーは本体の裏側に取り付けます。

クリーナーにストレートパイプ・ノズルを取り付ける寸法は約96cm・重さは約1.1kg

ストレートパイプ・ノズルを取り付けると、約96cmほどの長さになります。

重さは約1.1kgと軽量なので、片手でも簡単に操作することができました。

軽量なクリーナーなので、ゴミやホコリが気になるときにサッと掃除することができます。

サイクロンアタッチメント(別売り)

サイクロンアタッチメント

今回は、CL107FDとは別売りのサイクロンアタッチメントも購入してみました。

サイクロンアタッチメントは、細かいゴミやホコリを遠心分離してくれるマキタ専用の付属品です。

クリーナー本体とサイクロンアタッチメント

上記のように、クリーナー本体とストレートパイプの間に差し込んで使います。

ゴミが溜まったら、ダストケースを本体から取り外してゴミを捨てることができます。

コードレス掃除機CL107FDのレビュー

4076DとCL107FD

以前使っていた4076Dと比較しながら、CL107FDの良かった点や気になる点をご紹介します。

細かいゴミやホコリをしっかり吸引してくれる!

CL107FDで吸引している

4076Dに比べると、CL107FDの吸引力は圧倒的に強かったです。

吸込仕事率
  • 4076D・・・強:14W/標準:5W
  • CL107FD・・・パワフル32W/強20W/標準5W

特にCL107FDを強モードで使うと、パッと目につくゴミやホコリはほぼきれいになります。

フローリングの床はもちろん、畳やじゅうたんのゴミもしっかり吸引してくれるので、ストレスなく掃除することができます。

軽量で使いやすいだけでなく、部屋の隅にあるゴミもきれいに吸引できるので、使い勝手はかなり良いですね。

パワフルモードで使うと騒音の大きさが気になりますが、コードレス掃除機として十分な吸引力があると感じました。

高速充電に対応!約22分で充電が完了する

バッテリーとクリーナー本体

以前使っていた4076Dは内蔵型バッテリーで、充電が完了するまで約3時間ぐらいかかっていたんですよね。

そのため充電し忘れている場合、吸引力がめちゃくちゃ弱くて全然使えないということがありました。

しかし、CL107FDは急速充電に対応していて、約22分で充電が完了します。

充電し忘れていたとしても、他のことをしている間にサッと充電することができるので、非常に便利。

充電中に「ブーン」という音がするのはやや不満ですが、充電が早いのは大きなメリットです。

紙パック式でゴミ捨てが簡単!

CL107FDに取り付けられた紙パック

コードレス掃除機の中にはゴミ捨てが面倒くさい製品もありますが、CL107FDは紙パック式でゴミ捨てが簡単です。

ワンタッチでカバーを開けたら、紙パックを入れ替えるだけなので、手間が少なく扱いやすいです。

紙パックの取り付け・取り外しも簡単だし、ゴミを捨てる頻度も多くないので、ゴミ捨てのストレスは多くない掃除機だと思います。

暗いところはLEDで照らしてくれる

暗い場所を掃除するとき、ゴミがあるのかどうか確認しづらいことがありますよね。

CL107FDにはLEDライトが付いていて、暗い場所になると自動的にライトがつく機能があります。

狭い場所だと薄暗くて掃除できてるかどうか見づらいですが、LEDライトでゴミやホコリの有無をしっかり確認できるのが便利です。

また、バッテリー容量が少なくなると点滅する機能もあり、思った以上に使い勝手が良いなと感じました。

サイクロンアタッチメントは購入すべき

クリーナー本体とサイクロンアタッチメント

サイクロンアタッチメントが必要かどうか迷っている人がいるかもしれませんが、できれば購入することをおすすめします。

というのも、クリーナー本体のゴミ捨て頻度を約1/6に軽減してくれるため、紙パックのランニングコストを減らすことができるからです。

特に大きめのゴミやほこりはダストケースに吸い込まれるので、紙パックにゴミがたまらないんですよね。

さらに、サイクロンアタッチメントの着脱も簡単で、ゴミ捨ての作業効率が間違いなく良くなります。

クリーナー本体のゴミ捨てが面倒くさい・・・と感じる人は、ぜひサイクロンアタッチメントを購入しましょう。

コードレス掃除機CL107FDの評価

コードレス掃除機CL107FD

良かった点と気になった点は以下のとおりです。

  • コードレスで軽いから、すぐに取り出してさっと掃除を開始できる
  • 暗いところを掃除するとき、LEDで照らしてくれる
  • 紙パック式でゴミ捨てが簡単にできる
  • 吸引力が強くて、目につくゴミやホコリを簡単に掃除できる
  • 急速充電に対応していて、約22分で充電が完了する
  • 強・パワフルモードで使うと、騒音が大きい
  • 充電時に「ブーン」という音がする

CL107FDを購入してから1ヶ月使ってみましたが、十分な吸引力を備えた軽量クリーナーで使い勝手も素晴らしいと思います。

ゴミやホコリが目についたときにすぐに掃除できる手軽さも、コードレス掃除機の魅力です。

サイクロンアタッチメントを取り付けると、ゴミ捨ての手間が少なくて紙パックの使用頻度が減るのも大きなメリット。

強&パワフルモードで使うと騒音が大きいというデメリットもありますが、その分しっかりとゴミを吸引してくれるので、満足しています。

機能・掃除のしやすさ・価格など、総合的に判断してコストパフォーマンスの高い機種なので、迷っている方はぜひ購入することをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です